ラジオ食堂の第144.5回

お便り回です!
※基本的にすべてのコメントを取り上げています。紹介されてないコメントは多分見落としです、、すみません。

OP曲とED曲はSAKKANさんに提供してもらいました。
http://www.myspace.com/sakkann

月一回、番組内でコメントにお返事していきます。
取り上げるコメントは以下の3種類になります。
・当ブログコメント欄
・メールアドレスsakax2☆gmail.com
(☆を@に変えてください)

・ツイッターでハッシュタグ #ラジオ食堂

よろしくお願いします。

5 件のコメント

  • うなぎの件。
    ブルースリーさんより指摘を受け、調べました。
    私の記憶通り、かつてはヨーロッパうなぎを中国で養殖していたこと
    いまは、どおやら、日本からしらすうなぎを輸出していることが判明。
    しかし、日本政府は、片方で、シラスうなぎを保護しろ
    片方で、輸出の承認を与えている。
    完全なるダブルスタンダードです
    本気で、資源保護を考えるのであれば、輸出禁制品にリストアップするのが、筋です。
    ブルースリーさんのご指摘で、勉強になりましたが
    くそネット民たちは、このダブルスタンダードを認識していないだろう。

  • うな二郎の件。
    ・関西圏に流通しているかは不明。関東のイオン系、セブン系では販売しています
    探すなら「練り物売り場」を。カマボコ、サツマ揚げの辺り
    ・添付のタレがしょっぱめなので、かけるのなら半分程度使用をお勧めします

  • ナポリサミットには行ってません^_^;
    サミットでは村山首相がお腹お壊して会議を休む事件がありましたが、
    食には自信のあるナポレターノにはすごく残念だったようで、
    「お前の国の首相は、わざわざナポリまで来て、水牛のモッツァレラチーズに当たって腹を壊したよね」
    と言われました。(原因がチーズであるという報道は見たことがないので、尾鰭がついている)
     世界3大料理に挙げらるのは中国・トルコ・フランスが一般的だと思います。
     イタリア人はフランスには対抗意識が強く、「フランス料理のように脂っこいソースにまみれた料理は御免だ」という批判を複数名から聞かされました。
     イタリア料理は、ギリシャなどとともに地中海パラドックスのほうで取り上げられますね。

  • センタンの「王将」を小学生の頃によく食べました。当時は東成に住んでたので、実は産直だったんですね。「あたり」付きでした。2回連続で「あたり」を引いた友達が、アイスの食べ過ぎで?お腹を壊した事件がありました。下痢話連投で失礼しました。

  • 大阪王将、埼玉県で3店舗目となる志木店は2年前にオープン。
    最近、家で食べる餃子はスーパーでの冷食、たまに手作りとなっていましたが、
    以前母がチラシにある割引券を利用して購入していたのが実は京都王将であったことを思い出しました。
    もちろん餃子の満州は近くに3店舗有(笑)
    つまり餃子大戦争の渦中に!
    となると…ハイ!
    店の看板商品である一般的な「餃子」を食べ比べちゃいました。
    皮 具 皮と具のバランス タレ無しの味 4項目を審査
    大阪王将は店内で焼きたてを。他の2店は自宅で調理法に従い焼きました。

    結果
    3位 大阪王将   (味が濃い 皮と具のバランスが良くなかった 具がスカスカな感じ)
    2位 餃子の満州  (皮は一番好き)
    1位 京都王将   

    となりました。

    餃子の満州は自宅で焼くときの調理法にフライパンが
    ホーロー製、鉄製のふた通り書かれていました。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)